愛知・名古屋の話し方教室・スピーチなら有規話し方教室

愛知県名古屋を中心にコミュニケーション及びスピーチ能力を高めるための教室です。

有規話し方教室
        のブログ
お問い合わせ・お申込み

電話 0562-46-5347 受付時間:10:00~20:00

BLOG 有規話し方ブログ 講師の石倉有規が日々感じたことなどを綴ります。

ほめる話し方教室を目指して、「ほめ達!検定1級」の試験を、大阪で受けました。   試験は、筆記試験、論文、面接、プレゼンの4種類でした。プレゼンでは、ほめることで出会った感動体験について2分間スピーチしました。

 普段は、スピーチを聞いて指導する側ですが、今回は反対の立場です。参加者13名中、12番目にお話しました。主催者による1回ずつのくじ引きでプレゼンの順番が決まるシステムだったので、いつ当たるか分からず、ドキドキしながら出番を待っていました。出番を待つ時の生徒さんの気持ちがよく理解出来ました。
 マスク着用の今回のプレゼンで発見したことがあったので、ご紹介します。話す時の表情と自己開示の大切さです。まずは、表情について。思っている以上に話している時の顔の表情が大切であることに気づきました。マスクで隠されているため、プレゼンする人の表情が全く分かりません。言葉に説得力をもたせるには、言葉+感情+表情をセットにする必要があります。皆さん感動的ないい話をされたので、表情が見えていたら、もっともっと全員で感動が共有できていたはずだと感じ、もったいなかったです。マスクのお蔭で、話している時の顔の表情が重要であることが分かりました。
 次に、自己開示の大切さです。出番が来て自分が話している時、マスクで声はこもるし、マスクで顔を隠していることで、心まで隠してしまい、自由に自分らしく話せなかった気がします。人前で話す時は、覚悟と勇気、自己開示する(さらけ出す)心の姿勢が欠かせません。聞き手に話を安心して聞いてもらうためには、話している自分がどんな人間か、聞き手にとって安全な人間かどうかを示すことが必要です。話し手の自己開示が大切なのです。今回それを実感しました。
 マスク着用だからこそ気づいたことです。逆に考えると、あがり症で、人前で思うように話せないという方は、今が練習のチャンスです。マスクで守られているので、緊張しているかどうかを聞き手に悟られません。マスクをしながら、少しずつ自己開示していきましょう。失敗を恐れず話してみましょう。コロナが終息した時は、マスクをはずし、きっと笑顔で、自己開示して、堂々と話せるようになっていることと思います。頑張って!!
 ほめ達!検定1級の結果発表は、1カ月後です。私にとって、ドキドキの1ヶ月。合格したら、ご報告します。

カテゴリ:ブログ

当教室では、あがり症克服の生徒さんが多いです。「研修や勉強会で、ディスカッションした内容を、あがってしまい上手く発表できなかった」、「会議で突然指名され、焦ってシドロモドロになってしまった」、「頭が真っ白になってしまい、言葉が出てこなかった」などのお悩みをよく聞きます。

後で落ち着いた時に、「あー言えば良かった」「何でその場で上手く伝えられなかったのか」「今は言えるのに、なぜあの時言葉が出てこなかったんだ」と、生徒さんは自分を責め、後悔しています。

心の底に、「きちんと伝えるべき」「できる人であるべき」という自分に対して厳しい価値観があるように感じます。満たされないと、「あがり症だから自分にはできない」「話すことが苦手」というラベルを自分に貼っている印象です。

「きちんと伝えるべきなのに、あがって上手く話せなかった」⇒「やっぱり、私はあがり症で話すことが苦手」と、ラベルを貼って落ち込む⇒次の発表の機会が到来。「どうせ、またあがってしまい、うまく話せないに違いない」と思い込む⇒発表後、「今回も、またあがって上手く話せなかった」⇒「やっぱり、私はあがり症で話すことが苦手」。この悪循環が繰り返され、益々自信を失ってしまいます。負の連鎖です。

同じようなお悩みをお持ちの方へ、悪循環を断ち切る方法を、3つご紹介します。

その1、「きちんと伝えるべき」という価値観を書きかえること。書きかえるためには、「きちんと」というあいまいな言葉を明確にする必要があります。「きちんと伝える理想」とは?例えば「背筋を伸ばし、聞き取りやすい発音で、聞き手を見ながら、詰まらず分かりやすく話すこと」だとします。この価値観をゆるめ、許容範囲をつくります。どの程度ならば、自分を許せますか?「猫背でもOK。舌を噛んでもOK。聞き手を1~2回見ればOK。詰まってもOK。最低限、最後まで話しきることができればOK」と、このように許容範囲を広げ、価値観を書きかえます。そうすれば、「気負わず、取りあえず伝えよう」という勇気がわいてくるのではないでしょうか?

その2、「やっぱり、私はあがり症で話すことが苦手」というラベルをはがすこと。人は、脅威から自分を守る本能があります。マイナス要因ばかりに目がいき、ラベルを貼って思い込み、狭い部分しか見なくなります。上手くいかない時は、「私はあがり症で、話すことが苦手だから仕方がない」と自分を納得させて心を守るのです。自分の可能性を広げるためには、レッテルをはがす必要があります。プラス要因を探して、書き出すのです。「言葉に詰まったけれど、すぐに立て直せた」「聞き手を見て話せた」「自分の話を聞いてうなずいている人がいた」「最後まで話しきった」などです。どんなに小さなプラスでも構いません。失敗したと思った時ほど、プラス要因を探して下さい。失敗に隠れてスルーしていた良い点が見つかります。マイナス要因のレッテルをはがし、自分に対し、総合的な評価が出来るようになります。無駄に自信をなくすことがなくなります。

その3、例外探しです。いつもより上手くいった日、少しはましだった日を探し、その日にどんなことをしていたのかを洗い出します。「時間があったからいつもより下準備をした」、「話す練習ができた」、「好きな音楽を聴いてから出掛けた」など、いつもと違った要素があるはずです。この例外に、成功するためのヒントがゴロゴロ転がっています。例外を探して、その時と同じことをしてみて下さい。きっと、手掛かりになりますよ。普段から、上手くいった時に、成功要因を分析して、どのように取り組んだのかを書き留めておくといいですね。

いかがでしょうか?あがり症で悪循環に陥っている方は、是非、お試し下さい。

話すことに向き合って、真摯な姿勢で取り組めば、「話の神様」が味方してくれるはずです。頑張って下さい!!

 

カテゴリ:ブログ

最近レッスンで、喉のケアについて聞かれますので、皆さんにもご紹介します。

私は、喉を冷やさないように気をつけています。特に、寝る時は、エアコンの冷風が当たらないように、首にタオルを巻き、マスクをして寝ています。声帯は、エアコンの冷風、辛い物、冷たい物、アルコール、たばこ、ストレス、寝不足等の影響を受け、声が出にくくなりますので、気をつけて下さいね。

喉が痛い時には、大根はちみつレモンジュースをお勧めします。作り方は簡単です。

材料:大根 150g(4㎝ぐらい)・レモン1/2個 ・はちみつ100g

作り方:大根を1㎝角に切る。レモンを薄切りにする。密閉容器に大根とレモンを入れ、はちみつを注ぎ、蓋をして常温で6時間~8時間置きます。大根が小さくしぼみ上に浮いてきたら、大根はちみつレモンジュースの出来上がり。夜寝る前に作ると、翌朝には出来ています。大根を取り除き、ジュースを飲んだり、お湯で割って飲みます。

大根に含まれるビタミンCや酵素には、免疫力を高め、喉の粘膜の炎症を抑える効果があります。レモンも殺菌作用があり、ビタミンCを多く含むため、疲労回復や免疫力を高める効果があります。はちみつに含まれるグルコン酸や酵素には殺菌作用があり、のどの痛みを鎮めてくれます。大根&レモン&はちみつの組み合わせで、殺菌作用、免疫力強化のトリプル効果があります。一度、お試し下さい。

 

 

カテゴリ:ブログ

皆さんは、人前で話す時に原稿をしっかり書く派ですか?それとも、話すポイントを箇条書きにする派ですか?すべてアドリブという強者ですか?

 当教室では、場面によって使い分けることをお勧めしています。
①式典や結婚披露宴等フォーマルな場面で話す場合は、原稿を書いて覚えるように指導しています。ただし、一字一句を覚えるのではなく、内容を覚え、くり返し話すことで暗記していきます。覚えにくいところは、覚えやすい言葉にどんどん換えていきます。また、覚えた原稿が抜けない練習もしています。
②朝礼あいさつやカジュアルな会で2分~3分程度の話をする場合は、話す項目を順番にそって箇条書きにし、話の設計図を作成してもらいます。その設計図を基に、くり返し話す練習をします。
③1分程度の話をする場合は、主題と結論をメモし、くり返し話すことで内容を構築していきます。
いかがでしょうか?
いずれにしても、くり返し声に出して練習することをお勧めしています。練習するうちに「できるかもしれない」と前向きな気持ちになり、やる気が出てきます。
 私は、講演で話す時やセミナーの冒頭でフリートークをする時も、愛犬の散歩をしながらブツブツ話して内容を構築しています。
 様々な準備の仕方があるので、やり方に正解、不正解はありません。色々試してみてご自分にあった準備の仕方を見つけて下さいね。

カテゴリ:ブログ

 話し方教室・朗読教室の有志の生徒さんと共に、大府市にある長草デイサービスセンターで朗読ボランティアを行いました。ボランティア活動10周年の今年は、精力的にデイサービスを巡っております。長草デイサービスセンターに伺うのは、6回目です。
 絵本「じごくのさたも うでしだい」の朗読、落語「七どぎつね」の紙芝居、ジャンケンゲーム、歌とフルート&ハーモニカの合奏、利用者の皆さんが体験する箱太鼓とまな板太鼓の合奏を行いました。朗読を学んでいる生徒さんは、朗読と紙芝居を発表し、あがり症克服のために話し方を学んでいる生徒さんは、司会と歌・合奏を発表しました。
 朗読や紙芝居は、毎回楽しい作品を選んでいます。読んでいる時に、客席から笑い声が耳に入ってきて、出演者たちの気持ちがぐっと乗ってきました。リハーサル以上の力が引き出され、ライブの醍醐味を味わうことができました。歌と合奏は、「青い山脈」が大いに盛り上がりました。平均年齢80代の利用者の皆さんは、歌詞を見ないで大きな声を出して歌っておいででした。よく覚えていらっしゃいます。懐メロは、どの施設でも歓迎されます。昭和20年代のヒット曲を只今勉強中ですが、いい曲がいっぱいあります。ボランティアを始めて、「高原列車は行く」「リンゴの歌」「あざみの歌」などを覚えました。これからもレパートリーを増やしていきたいと思います。今回のボランティアも利用者の皆さんに喜んで頂けて、大成功でした!!当教室の生徒さんでしたら、どなたでもボランティアに出演できます。あなたも、一緒に出演しませんか!

カテゴリ:ブログ

 先日、愛知県蒲郡市にあるタルゴラグーナで「タラソテラピー」を受けてきました。10年前のマイブーム再燃です。タラソテラピーとは、海水や海藻など海の恵みを利用した健康法です。
 今回は、心身の調子を整えるプログラムを選択しました。まずは、33℃~36℃に温められた海水のタラソプールで1時間水浴。このプールは、ジェットが様々な位置から吹き出る「15のゾーン」で構成されています。1から15まで、1つ1つ巡っていくうちに、血行が良くなり、身体がポカポカしてきました。
 次に、「アルゴハマム」です。人肌に温められたドロドロの海藻ペーストを全身に塗り、スチームサウナで20分間体の芯まで温めていきます。汗がジュワー!と出てきました。その後、別室へ移動。ベッドに横たわり、海苔巻のようにビニールとタオルの2重シーツに包まれ、30分間リラックス。汗がピュー!と音を立てるかのようにわき出てきました。新陳代謝が良くなったと実感。気持ちがいいのです。
 アフターテラピーでは、地元の食材をつかったヘルシーなランチを頂き、大満足。月に1回は、代謝を上げるために訪れたいところです。

タルゴラグーナ表

メイン料理

ランチ

デザート

カテゴリ:ブログ

有規話し方教室の新サイトを立ち上げました。

日々のレッスン風景・お知らせ・私が改めて学んだことなどを

ご紹介しますので、是非、ご覧になって下さい。

カテゴリ:ブログ

ページトップ
講演・研修
話し方教室
よくある質問
フリーアナウンサー 石倉有規 プロフィール
BLOG 有規話し方教室ブログ
有規話し方教室 Yuki Speaking Lesson

愛知県大府市森岡町5丁目65番地

※大府以外にも、名古屋駅前講座、名古屋伏見講座がございます。

あがり症克服・スピーチ・ボイストレーニング等、コミュニケーション教室・各講座、 個人レッスンは愛知県名古屋市の有規話し方教室にお任せ下さい。
セミナー、各種司会も受付中です。

お問い合わせ
スマホ用お問い合わせ